肺がん

肺に発生する悪性腫瘍である肺がん

肺に発生する悪性腫瘍の大半が肺がんとなり、
肺の気管支や肺を覆っている細胞から発生するものがそれにあたります。

肺がんには大きく分けて
以下のような2種類の型が存在しています。

  • 小細胞がん(全体の10~15%)
  • 非小細胞がん(全体の85~90%)

このうち危険性が高いのは、
全体的な割合の少ない小細胞がんです。

その特徴は、転移スピード。
小細胞がんが発見された時には、
既に別の臓器へ転移してしまっている危険性もあります。

ですが、転移スピードが早いという事は、
代謝回転も早いということなので、
その分、抗癌剤などが効きやすいようです。

非小細胞癌ば、小細胞がんと比べて増殖は遅いものの、
その分、放射線や抗癌剤治療などが効きにくく、
一般的に手術によって取り除かなければいけません。

そもそも癌というものは、
遺伝子の異常によって生じるものであり、
癌発生遺伝子や抑制遺伝子などに影響され
細胞が無秩序に増殖を繰り返すようになり
それが悪性化した状態です。

また遺伝子に影響する原因として、
発がん性物質といわれるものや放射線、
紫外線や慢性的な炎症なども関係していると言われています。

細胞の突然変異ではあるものの、
その原因が日常の中に潜んでいる可能性も
十分にあるのががん細胞なのです。

中でも一番の原因として
やはりタバコの喫煙が関係しています。

今現在知られているだけでも
タバコには4000種類以上もの化学物質や
200種類以上もの有害物質が含まれていて、
更に、40種類以上もの発がん性物質があるということが
わかっているらしいです。

それらが、どれも微量だとしても、
日々の喫煙で次第に体に害を蓄積していくのは
容易に想像できることですね。

その上で、ある種の放射性物質も含まれているらしく、
いずれにしても細胞にとっては
好ましくない条件が整っているともいえます。

そんながんですが、
今では色々な検査方法が存在します。

  1. 喀痰検査
  2. 腫瘍マーカー
  3. 気管支内視鏡検査
  4. CT検査
  5. MRI検査
  6. 骨シンチグラフィ検査
  7. 超音波検査
  8. 換気血流シンチグラフィ検査
  9. PET検査
  10. 骨髄穿刺

治療方法にも、
それぞれの間の特徴に合わせて様々な手段があり、
患者の体調や年齢などを考慮して
有用性の高いものを組み入れた計画が立てられます。

ただし、中には一度治療を終えると、
再発した場合などに同じを方法を用いることができないなど、
ある種綱渡りのようなものも有るので、
治療における計画もとても重要なようです。