自然気胸

自然気胸

自然気胸は肺気胸の一般的な症状で、
気胸患者の大半がこれにあたります。

肺胸膜直下に存在するブレブが破裂することによって、
胸腔内に空気が流入し、
肺が虚脱した形状となりガス交換できなくなってしまいます。

自然気胸の発生率は、
人口10万人に対して40人から50人程度と言われていますが、
中でも10代から20代の男性に多く、
背が高い。もしくは痩せ型の人で発生する割合が多くあります。

また、肺気胸患者全体のおよそ7割は
喫煙者であることが特徴として挙げられています。

ブレブが破裂してしまう原因は、
運動や咳、くしゃみなど、
肺胞内圧が急激に上昇した場合。

または、飛行機に搭乗したり、
ダイビングなどで、
大気圧に大きな変化がもたらされる事で
肺胞が破れやすくなると言われています。

その為、肺気胸を経験したことがある場合は、
再発リスクを避ける為に、
飛行機の搭乗やダイビングはやってはいけないというのが
よく言われていることです。

ある意味で原因が大体把握できる肺気胸もありますが、
中には明らかな原因がわからないものもあり
そうした肺気胸を特発性自然気胸と言います。

しかしいずれの自然気胸も
生活との関わりも深く、
過労や睡眠不足、栄養不足、ストレス、
または、遺伝的に細胞自体が弱いなど、
日常の中に原因があると同時に、
再発リスクを抑える方法も日常生活の見直しにあるのかもしれません。

自然気胸の場合、
症状が軽ければ、胸腔ドレナージで処置し、
肺が回復するのを待ちます。

結局、最後は傷を修復する自己治癒力。

肺胞自体ごくごく小さな組織なので、
破れたからと言って
そのまま長く塞がらない事は無いようです。

また、それよりも症状が軽い場合は、
胸腔ドレナージすら行わずに、
自然治癒のみで回復出来る場合もあります。